浅草在住の40歳男子のブログです。

ヤクルトスワローズ 優勝マジック1が持ち越しの件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つばくろう

神宮球場も秋風が身に染みるように感じる浅草太郎です。

昨日に引き続きM1の神宮に行ってきました。
生憎、チケットは完売だったので、仕方なくオークションで広島側指定席をゲット。
これで入場制限がかかっても大丈夫です。

後は席の確保なんですが、こればっかりは難儀でしたが、
内野側の通路にどうにか確保。
立って応援ができないのですがしょうがないです。
座れただけよかったと思いましょう。

さて試合ですが、
1回から館山が制球難・・・。
ボール先行でなかなかゲームが締まりません。
攻撃にも影響が出ないといいなと思いつつ、館山のヒットを起点に山田哲人のタイムリーで先制。

球場内は最高潮の盛り上がり!
ここまで球場が満席で傘振りが見るのは初めて(感動ものです)

 

山田哲人のファンファーレ部分もこれだ多いと圧巻です。

山田哲人ファンファーレ
先制したので館山の立ち直りを期待していましたが、やっぱりボール先行・・・
丸のホームランで同点になり、フォアボールをだして、エルドレットがここしか打てないポイントに投げ込んでしまいホームラン。。
制球難が調整できず負けに。

成績自体は、5回3安打なんですが5四球ということで、8本被安打に等しい成績。
よく3点だったなと思います。

攻撃陣は最後の1打がつながらず3併殺に。
これでは点も取れません。
まぁ、こういうのもしょうがない。

試合の中で、興味深かったのは8回表の広島の攻撃中のスワローズの敬遠策。
野間にタイムリースリーベースを打たれ、1、2塁が空いている状況。
ここで2つ敬遠をして7回から登板している大瀬良との勝負になり、ここで緒方監督がどうでるかと思いましたが、迷わず代打。

ブルペンを見ると中崎しかウォーミングアップをしていなかったので、大瀬良は7、8回の予定だった大瀬良をここで交代させられました。
そして8回から中崎を引きづり出し、打順が上位に回る9回勝負だっと思われます。

結果、負けてしまいましたが、こういう大胆な勝負は見ていても見ごたえを感じます。
余談ですが、野間は足早いなー。
ベースランニングでここまで早い選手はそういないです。しかもルーキーだし。

そして、広島戦という相乗効果もあり331,522人の観客でした。
今シーズン最高かもしれません。
9回で2点差負けていましたがブルペンではバーネットが肩を作っており、攻撃陣への無言の応援をしていたのが印象に残ってます。
ちなみに、バレンティンは外角の変化球についていけてないですね。
実践にはまだ調整が必要に思います。
M1になっているので安全圏になっているので私のイライラ度は最小ですが、M3だったら代打要員でしょうね。

CSには必要な戦力なので、実践の感を取り戻させるためにあえて使っているのだと思います。
守備も最後まで使ってますしね。

10/1が楽しみです。

また仕事休もうかな。

 

9月29日試合結果
最後に広島カープとの神宮最終戦でのエール交換を動画でアップしました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ